完全予約制新規一日2名まで | 受付:8時~19時30分

「HPを見て…」とお電話ください

06-6885-8851

お知らせ

【コロナ対策実施中】本日のご予約枠は残りわずかとなっております
このページのタイトルとURLをコピーする

コラム 整形外科的疾患

【臼蓋形成不全】やってはいけない事、気を付ける事。

臼蓋形成不全で股関節が痛い人

1. 股関節の痛みに悩む人へ

股関節の付け根の痛みに悩まされていませんか?
実はその痛み、『臼蓋形成不全』という股関節の病気が関係しているかもしれません。
中高年の女性で、こういった股関節の痛みを抱えて病院に行くと、そのほとんどが「変形性股関節症」と診断されます。
しかし、これが「臼蓋形成不全」と言われる病気の後遺症です。
変形性股関節症の原因の8割以上を占めるこの病気は、放っておくと歩くのが困難になったり生活に支障が出るほど痛みがひどくなってしまいます。
早めの対処が肝心です。

2. 臼蓋形成不全とは

股関節は大腿骨と骨盤の寛骨と呼ばれる骨で構成されています。大腿骨の先端である丸い形をした骨頭を、『臼蓋』と呼ばれる受け皿のような部分で蓋をして動きをコントロールしています。この『臼蓋』は子供の成長に伴って骨頭の80〜90%程度の蓋となるよう発育するのですが、何らかの原因で発育不足となったのが『臼蓋形成不全』です。臼蓋の作りが小さいままとなってしまうと、体重を支える部分が狭くなり股関節に負担が掛かりやすくなってしまいます。

3. 痛みの原因と対策

臼蓋形成不全の人が気をつけるべきことを以下にまとめました。

3.1長時間座り続けない

痛みが出現する際に最も多い要因が長時間の座位にあると考えています。長時間座る事で股関節の後面の筋肉や組織が固くなり、立ち上がり時や歩き始めに股関節を支える組織に負担がかかり痛みを発生しやすくなります。」

3.2 体重を増やさない

股関節は動作によって体重の数倍の力がかかる関節ですから、骨頭を受ける臼蓋のかぶりが浅く、面積が狭いと、その狭い点のような接触面に集中的に力が加わります。体重が重くなると、その分関節に掛かる負担は大きくなってしまいます。適切な体重管理を心掛けましょう。

3.3 適切な筋力トレーニング

臼蓋形成不全の場合、適切な筋力トレーニングを行うことで、股関節を安定させることができます。特に大腿四頭筋や臀筋を鍛えることが重要です。日常生活で使う筋肉を強化し、痛みの改善・予防に役立てましょう。

3.4 過度な外側への開脚を避ける

臼蓋形成不全の人は、外側に開く・捻る姿勢や動作を避けるべきです。違和感や痛みが生じたら即座にやめ、長時間は避けるようにしましょう。
適切な筋肉を使えるようにするために、日常的なストレッチや運動を取り入れましょう。

まとめ

臼蓋形成不全は、股関節の痛みを引き起こす原因の一つです。適切な体重管理、筋力トレーニング、外側への過度な開脚を避けることで、痛みの改善や予防に役立てましょう。

この記事は、大阪市で整体院や鍼灸院を探している方々に向けて、股関節の痛みについての知識を提供し、臼蓋形成不全に注意するポイントを伝えることを目的としています。

臼蓋形成不全に悩む皆様へ、当院の独自のインナーマッスルトリートメントによる治療法についてご紹介いたします。

当院の施術について。

当院の施術は、筋肉や神経の栄養失調、酸欠で機能を落とした組織の回復を鍼灸と整体で狙う手技療法です。
回復を達成するする事で筋肉の緊張を和らげ神経を沈静化させて、痛みや不快感の軽減を図ります。

当院の治療プロセスと特徴

1,常に高いレベルの施術を:

当院では、ずっと同じ施術者が変わらず担当する事で様々な状況に対応でき、常に高いレベルの施術やアドバイスを受ける事ができます。

2,複数の検査機器を用いた多角的、総合的な評価:

一般的な治療院、例えば整骨院なら姿勢の検査。鍼灸院なら東洋医学の検査を行います。病院ならレントゲン等。それは一方向からの原因究明です。 カラダは複雑です。一つの原因から症状が出ているとはかぎりません。 そのため症状が改善せず、いくつもの病院や治療院をまわり当院に来院する患者さんも多いです

当院では「姿勢解析ソフト」や「自律神経チェックソフト」等、複数の検査機器を用い、また実際にカラダを動かして原因や体質を分析します。こうする事であなたの身体を多角的に原因を追求、分析するので改善が的確に早くなります。

3,他にはない独自の施術で、負担少なく幅広い症状に対応:

これまで学んだ鍼灸、あん摩マッサージ指圧、カイロプラクティック、オステオパシー、整体などの技術から成ります。
それらを分解し、理論的に分析した上で、最大の効果を引き出せる「インナーマッスル・トリートメント」を体系化

4,日常生活での詳細なアドバイス:

検査結果から、姿勢や動作の改善や、やって欲しい事、やってはいけない事等、あなたのための最良のアドバイスを提供します。

治療期間と予後

臼蓋形成不全の治療期間は個人差が大きいです。一般的には数週間から数ヶ月の治療で改善が見込めますが、継続的なコンディションの経過観察が必要です。
適切なケアと定期的なフォローアップによって、良好な予後が期待できます。

当院の約束

浜崎鍼灸整骨院では、一人一人の症状に寄り添い、最善の治療を提供します。
当院の施術を通じて、臼蓋形成不全からの回復を全力でサポートいたします。

当院は連日多くのご予約を頂戴しておりますが、時間帯によってはご予約可能な場合があります。
まずはお気軽にお問い合わせください
こんな雰囲気で待ちしています。⇒どうぞご覧下さい(浜崎鍼灸整骨院メインサイト)

「こんな症状は・・・?」

あなたのお悩みは何ですか?
当院で施術効果の高かった症状をまとめてみました。
お気軽にご連絡下さい⇒ 「浜崎鍼灸整骨院・症状別ページ」

患者さまの声 心療内科的疾患 脳神経外科的疾患

【めまい】【メニエール】【腰痛】心を込めて:私たちの施術者の想い

症例報告 整形外科的疾患

【症例報告】腰椎分離症、すべり症に苦しむ美容師の挑戦:治療の軌跡と効果

コラム 整形外科的疾患

腰椎分離症の予防に効果的な鍼灸の利用法

コラム 心療内科的疾患 精神科的疾患

【起立性調節障害】子供さんを持つお母さんの相談と当院のアドバイス

コラム 心療内科的疾患

【起立性調節障害】頭痛の対処法 - 実践的な解説

コラム 整形外科的疾患

【ゴルフ肘】治し方と自己ケアのポイント。

症例報告 整形外科的疾患

【症例報告】「臼蓋形成不全」「股関節痛」の謎に迫る:20代女性陸上競技選手の症例から学ぶ

コラム 整形外科的疾患

【臼蓋形成不全】やってはいけない事、気を付ける事。

整形外科的疾患 症状別ページ

【ランナー膝】【腸脛靭帯炎】の治し方。鍼灸施術が有効な理由。

整形外科的疾患 症状別ページ

【ランナー膝】【腸脛靭帯炎】の違い。完治までの期間は?

コラム 整形外科的疾患 症状別ページ

【梨状筋症候群】【坐骨神経痛】どんな寝方が良いですか?

コラム 整形外科的疾患 症状別ページ

【梨状筋症候群】どれくらいの期間で治りますか?

整形外科的疾患 症状別ページ

【梨状筋症候群】一番やっちゃダメな事とは?

コラム アレルギー科的疾患 心療内科的疾患

【小児喘息】原因は?ストレスは関係するの?

患者さまの声 内科的疾患 アレルギー科的疾患

【小児喘息】発作、和らげ元気にしてくれたハリ治療

コラム 整形外科的疾患 産婦人科系疾患

【産後の腰痛】でお困りですか?

コラム 心療内科的疾患 精神科的疾患

【睡眠障害】【不眠症】悪夢にハチミツ効く理由

コラム 心療内科的疾患 精神科的疾患

【睡眠障害】【不眠症】悪夢を見ないとっておきの方法

コラム 心療内科的疾患

【起立性調節障害】お風呂に関しての質問。

コラム 耳鼻咽喉科的疾患 脳神経外科的疾患

【耳鳴り】その原因と仕組み

-コラム, 整形外科的疾患
-, ,